.

近頃大体全ての自動車保険を取り扱う会社も料金値上げ傾向にあります。75-9-115

運転者を守る自動車保険が料金の値上げをしてしまうなどという事態が起きればじかに国民の生活に大きな影響を与えてしまうのです。75-17-115

しかし、どうして運転者を守る自動車保険が値段引き上げされているのか、わかりますか。75-19-115

そのことの主な原因として考えられる事は、概して2項目あります。75-7-115

最初に、お年寄りの乗用車所持者が年々増加傾向にあることが挙げられます。75-11-115

マイカーを所有しているのが至極当然の状態になったので、お年寄りの乗用車所持者も増加しつつあります。75-16-115

さらに我が国では超高齢化社会を迎えつつあるという趨勢があるので、どんどんお年を召したドライバーが大きく数を伸ばしていく傾向なのは間違いありません。75-8-115

老年期のケースでは基本的には保険料がお求めやすく売られているゆえ保険会社にとっては、ほとんどうま味があるとはいえません。75-4-115

当然ですが、月々の掛金が低いのにトラブルを起こされた場合高額な保険金を被保険者に払わなければならないためです。75-13-115

このような場合リスクが高いので、保険会社は保険の掛け金を高く設定するしか手がありません。75-20-115

次に、2個目の理由として考えられる事は若者の自動車所有への無関心です。

高齢者のドライバーは増加している傾向にありますが、逆に比較的若い年代は乗用車に憧憬を抱かなくなりつつあるのです。

そのウラに当たるものは電車などの交通に関するインフラの整備と金銭的なものなのです。

収入の安定した職場に就職することが叶わない若い年代が数多くいることから、マイカーを買うなど考えられないといった方も相当数いるのです。

その上、経済的に余裕があった一時代前の考え方であればマイカーを保持している事が勤め人のステータスでしたが、長年に渡る不況の結果のせいか自家用車の有無がステータスであるとはあまり言えなくなってきたというのは皆さんも実感しているかもしれません。

そういった訳で、保険の掛金がお年を召した方に比して採算の合わない額の比較的若い世代の被保険者が少なくなっていると考えられます。

このようなことが原因となって自動車保険会社も料金値上げに踏み切っていると思われます。



75-5-115 75-6-115