.

カードを契約していると必ずクレジットカード会社からご利用明細が届きます。

それらの利用明細書を見るとどの場所で何時何分にどの商品にカードをどれくらい使ったのかにかかわる細かな内容が書かれているためさかのぼってクレジットカードを切った購入履歴を一目するのが本当にわかりやすく安心です。

代わりとするのはある意味不便かもしれませんが、手軽な収支記録に類するものに見立てることも簡単なため節約がもっとやりやすくなるはずです。

且つこのクレジットカードご利用明細送付されてからおおむね一か月後経つか経たないかで決済金額の引き落としが行われるわけです。

なので届いたクレジットカード利用代金明細を目ざとく見ていて、あれ?と思うような覚えのない決済、例えば行ったこともない国が明細に載っていたら、指定の電話番号に電話をして調査してもらえばよいというだけです。

それでクレジットカード犯罪などの異常な使用が発見された場合であっても、クレカ契約者にミスがない限りは、大抵の状況は加入カード会社がそのあやしい内容をリストからはずしてくれます。

今時はこの便利なカードご利用明細をWEB上で見られるブランドが非常に多いです。

いつでもある月にいくらで決済したかを注意しておくといったことで不正利用から身を守ることができるし、家計簿としても使えてお金の管理といったことも一つでできてしまいます(インターネットでクレカの履歴を照会することができるブランドはさかのぼって利用履歴や利用可能ポイント数なども確認可能です)。

クレカはこれらの点でも非常に役に立つ手段になっていると言えます。