.

破産の際に自分のローンに対して保証人となる人物がいるときにはきちんと相談しておいた方が良いです。血液サラサラ効果ドットコム | ベテラン登録販売士監修

ここで、強調しておきますが、負債に保証人を立てているときは、自己破産手続きの前段階で前もって検討するべきです。

なぜならばみなさんが破産手続きを取って免除されると保証人がみなさんの返済義務をみな負う義務が生じるからです。

ということから、破産申告をする前に保証人となる人にその内容や現状について説明し謝罪の一つも述べなければなりません。

これらのことは保証人になるひとからすると求められることです。

債務者のあなたが破産宣告することから、結果的に高額のローンが発生することになるのですから。

そうなると、そのあとの保証する立場の人の考慮する手順は4つになります。

一つめは、あなたの保証人が「みな払う」ということです。

その保証人がすぐにでも何百万円もの負債をいとも簡単に返すことができるといったようなキャッシュを所有していれば、そうすることができるでしょう。

でもむしろ、あなたが自己破産せずにあなたの保証人に借金してその保証人に月々の返済していくという解決策もあるかと思われます。

保証してくれる人が借金をした人と親しい関係にあるのならば、いくらかは完済までの時間を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。

それにひとまとめにして返金不可能だとしてもローン業者も分割による支払いに応じてくれます。

保証人にも破産手続きされるとお金が一銭も返ってこないことになるからです。

保証してくれる人が債務者のカネをすべて支払う財力がない場合は、借金しているあなたと同様にどれかの債務整理をすることを選択することが必要です。

続いては「任意整理をする」ことです。

貸方と示談する方法で、数年の期間で弁済していく形になります。

実際に弁護士にお願いする場合の経費の相場は債権者1社につき4万。

全部で7社からの負債があるなら28万かかることになります。

むろん相手方との交渉を自ら行うことも不可能ではないですが法的な知識のない素人だと相手が確実に有利な和解案を押してくるので注意が必要です。

それと、任意整理をするという場合もその保証人にお金を払ってもらうわけですから借りた本人はたとえ少しずつでも保証してくれた人に返済を続けていく必要があります。

3つめは保証人となる人も返済できなくなった人と同様に「破産する」ことです。

保証人も返済できなくなった人と同じく自己破産をすれば、保証人となっている人の義務も返さなくて良いことになります。

ですが、保証人が住宅等の不動産を持っている場合は個人財産を失ってしまいますし法令で資格制限のある業務に従事しているのであれば影響があります。

そのような場合は、個人再生による手続きを利用できます。

一番最後に4つめの手段は、「個人再生を利用する」ことです。

マンション等の不動産を手元に残したまま負債の整理を望む場合や自己破産手続きでは資格に影響するお仕事にたずさわっている場合に有効なのが個人再生という制度です。

この手段なら自宅は処分しなくてもよいですし自己破産のような職種の制限、資格制限等が一切ありません。